【筑波大医学部は存在しない?】筑波大医学類の偏差値・難易度・対策

推薦入試に興味がある人はこちら!試験内容・難易度・倍率などについて合格者が解説しています!

この記事を読んでわかること

  1. 筑波大医学群医学類について
    1. 筑波大医学部は存在しない
    2. アクセス
    3. 学費
  2. 偏差値、難易度、レベル、倍率、足切り
    1. 偏差値・難易度・レベルは?
    2. 倍率・足切りライン
  3. 男女比・差別は?
  4. 地域枠のレベル
  5. 試験科目
  6. 配点
  7. 推薦入試について
  8. 対策方法

*この記事は現役の筑波大学医学類生が執筆しております。

筑波大医学群医学類について

筑波大医学部は存在しない!?

結論から言うと、筑波大医学部というところはありません。

私が何を言いたいかというと、呼び方が他の大学と異なっているということです。

(誤) 筑波大学医学部医学科
(正) 筑波大学医学群医学類

多くの大学では「○○大学医学部医学科」という風に呼ぶのですが、筑波大に限っては「筑波大学医学群医学類」なんですね。

実は、金沢大学も少し変わった呼び方をします。「金沢大学医学部医学類」なんですよね。

もし、これを見ているアナタに好きな男の子や女の子がいたら、その方について少しは知っていますよね。(特に名前くらいは)

筑波大学医学群医学類志望の方で「筑波大学医学部医学科行きたい‼︎」なんて言ってたら好きな子の名前間違えてるのと同じくらい重大な誤りですよ(笑)しかも、これ本番の面接で言ってしまったら・・・・(どうなるかわかりませんが)

しかし、実際これについては大手予備校も間違えていることがあります。もしかしたら、「筑波大学医学群医学類」という名称が世の中に認知されていないと思ってあえて筑波大学医学部合格おめでとう‼︎」と書いているのですかね??

今度、機会があったら見てみてください。

筑波大医学群医学類へのアクセス

筑波大学医学類へアクセスを紹介します。筑波大医学類の所在地は

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1

となっています。アクセス方法としては主に2つあります。

1つ目のアクセスは、バスで行く方法です。つくば駅(つくばエクスプレス)から、筑波大学循環[右回り](6番のりば)で筑波大学病院入口で降車する方法です。

2つ目のアクセスは、徒歩で行く方法です。つくば駅(つくばエクスプレス)から、つくば駅前交番の前を通り自転車置き場に沿った道を進むと到着します。所要時間30分程度です。(詳しくは地図を参照してください。)

試験日は2つ目の方法でアクセスですることをお勧めします。理由としては、試験当日は他学類の受験生も同じバスに乗るのでかなり行列ができ混雑するからです。バスの待ち時間も考えると歩くのとあまり変わらないように思います。歩くことで、試験前にちょうどいい運動ができますし、2つ目の方法でのアクセスがおすすめです!

筑波大医学群医学類の学費

筑波大医学群医学類の学費は以下のようになっています。(必ず最新のものをご確認ください)

入学金282,000円
初年度817,800円
2年次以降535,800円
合計3,778,800円

これ以外にも、教科書、e-learning、聴診器など授業に必要な物事に費用がかかります。

ちなみに、筑波大学医学群医学類では入学後のテストの再試の受験に費用は発生しません。その代わり1回しか再試を受験できません。私立大学の医学部だと再試の受験に費用がかかるとこもありますよね。

筑波大学医学群医学類の強み・魅力について解説!

筑波大医学群医学類に特化した筑紫会が提供する適性試験対策では、筑波大学医学群医学類の強み・魅力について解説しています!

具体的には、、、

  • 医学類生が教える在学しないとわからない話
  • 筑波大医学群医学類の教育の3つの特色の解説
  • 医学類のカリキュラム、強み・魅力の紹介
  • 志望動機書や面接対策に有効活用できます!

偏差値・難易度・レベル・倍率・足切り

筑波大医学群医学類の偏差値・難易度・レベルは?

筑波大医学群医学類の偏差値は?

筑波大学医学類の偏差値は河合模試だと65.0、東進模試だと75.0です。地域枠についても同様とされていますが体感では若干低いように感じます。

筑波大医学群医学類の難易度は?

実際に周りの同級生を見ていると、

東京医科歯科大や千葉大を志望していたけれど、レベルを下げて筑波大にした学生​

現役は秋田大学、弘前大学などの地方医学部を受験したが、不合格で1浪の末筑波大を受験した学生

私立専願だったが、科目的に推薦入試が受験できるので推薦で入学した学生

現役は他学部を受験したが、浪人で進路を見直し筑波大を受験した学生

といった感じで上位大と地方医学部のレベルのつなぎ目くらいのレベルですね

併願校では、

防衛医科大学(1次試験落ちしたが、前期試験で合格した学生もいます。)

順天堂大学(浪人を経験している学生の多くが合格しているイメージ)

筑波大医学群医学類のレベルは?

筑波大学医学群医学類に入る難しさとはズバリ「比較的簡単な問題を確実に取らなくてはいけないことです」

普通、多くの医学部では二次試験の問題が医学部だけ別であったり、たくさんの大問があるなか医学部を受験する子はこれをやりなさいといった感じで他学部と異なる難易度の高い問題を解かせられます。

横浜市立大学との一番の差もこの問題の難易度ですね。

一方、筑波大学医学群医学類ではそれはほとんどありません。ですから、他の学部志望の方でも解けるような難易度の低い問題をどれくらい落とさなかったかが勝負の分れ目となります。

筑波大医学群医学類の倍率・足切りライン

筑波大が掲載している令和3年度入学試験実施結果を見ると

志願者206人
受験者148人
合格者62人
倍率2.3倍

以上のようになります。共通テストの足切りラインは660点程度です。また、地域枠入試では一次選抜は実施されないので、足切りラインはありません。

男女比、浪人差別は?

筑波大学医学類の男女比は学年にもよりますが、大まかに(男子):(女子)=2:1くらいです。
多浪や再受験への差別はというと、全く無いとは言いきれませんが、他大学に比べて少ないと感じます。
実際に、3浪以上の学生や30歳を超えた学生も学年によっては在籍しています。

実際、筑紫会の授業を受けた2浪の女性が見事、筑波大医学類に合格しました。こちらが、合格体験記になります。

地域枠のレベルは?

地域枠のレベルは、一般枠より若干低いです。一方で、地域枠で入学したけれど、一般枠で入れるような学力を持って入学した地域枠の学生もいます。
地域枠全国枠のレベルは、ほぼ一般と謙遜ないと言っていいと思います。実際の全国地域枠で入学した学生にも、有名進学校出身の方がたくさんいます。

地域枠の詳しい解説はこちらの記事でしています。実際に、地域枠で合格した学生が執筆しています!

筑波大医学群医学類の試験科目とは

試験科目は

共通試験・リーディング
・リスニング
・数学1A
・数学2B
・国語(現古漢)
・理科(2科目)
・社会(1科目(現社・倫理・政経も可))
2次試験・数学
・英語
・理科(2科目)
・適性試験

(筑紫会の調査によるものなので、必ず募集要項をご確認ください)

筑波大学医学類の試験の大きな特徴として適性試験というものがあります。コチラの記事でまとめていますので気になった方は読んで見てください!

筑紫会では大きな配点を占める適性試験の対策も承っています。

具体的には、、

  • 適性試験の過去問・解答例を紹介
  • 実際の雰囲気や流れを知れる
  • 実際に試験に合格した医学類生による面接練習
  • 筑波大医学類のカリキュラムの特徴がわかる

筑波大医学群医学類の配点比率とは​

筑波大学医学類の2次試験の配点比率は60%です。

共通試験900点
二次試験数学 300点
英語 300点
理科2科目 300点
適性試験  500点
合計2300点

推薦入試について

筑波大学医学群医学類では推薦入試が実施されます。詳しい内容についてはこちらの記事で紹介しています!

また、こちらの記事では筑波大学医学群医学類の推薦入試の不合格談、対策の難しさを書いています。

筑波大医学群医学類に入るには?

筑波大学医学類の前期試験を突破するには、「簡単な問題を落とさないこと」これが非常に重要です。試験問題の難易度やレベルは同程度の偏差値の医学部、上位私立大医学部より簡単なのでそれをいかに落とさないかという勝負になります。

実際、年代にもよりますが2次試験の数学の筆記が満点だったという学生も学年に何人かいます。

こちらの記事では、筑波大学医学群医学類に現役で合格した学生がやっていた参考書・学習法を解説しています。(生物選択の方はお待ちください!)

また、適性試験の対策も必須です。適性試験の解説記事にも書きましたが、500点/2300満点という大きなウエイトを占める適性試験を何も対策せずに受験するのはもったいないです!

こちらの記事では、「適性試験で絶対にやってはいけないこと」について書いてあります。参考にしてください。

また、現役生、1浪生に関しては推薦入試も入学する方法の一つであることを忘れてはいけません!!(1浪生は茨城県地域枠のみ)

ただし、推薦入試と言ってもそんなに簡単なものではありません。高倍率な難関を突破しなければなりません。

筑紫会は筑波大学医学類の推薦特化です!

筑波大医学群医学類の推薦入試に特化した筑紫会は、この対策が難しい推薦入試を突破するサポートします!

具体的には・・・

  • 筑波大医学群医学類の推薦入試の過去問分析による対策。勉強法もお伝えします!
  • 高校1,2年生向けの早期からできる対策方法の紹介
  • 適性試験対策。もちろん、地域枠志望者にも対応!
  • 医学部受験にある程度必要な医療知識。特に、筑波大医学群医学類の受験者が知っておいた方がいいものもお教えします。
  • オンライン家庭教師